そらまめ日誌

うつと戦いながら現実の流れに必死に食らいつく日々のブログ

うつのお薬はいったいいつまで飲み続けなければならないのか

 

そらまめです。

 

今日は通院日だったため、病院へ行ってまいりました。

一昨年の10月からずっと通っているのもあって、診療もなかなかスピーディに終わってしまうような感じがします。

 

欝もだんだんと快方に向かっておりましたが、なぜかここ睡眠薬を飲まないと最近寝れないのです。

これはまた欝の波がやってきたのかとビクビクしておりましたが先生はいたって普通な顔で、

「じゃあ眠剤をまた処方していこう」と言うだけだったのでそんなに心配することもないのかもしれません。笑

 

ちなみに自分の不眠は結構やっかいなものなので、眠剤として服用しているお薬は1種類だけではなく

  • ゾルピデム酒石酸塩錠10mg
  • ブロチゾラムOD錠0.25mg

の2種類を1錠ずつ飲んでいます。

 

特に不眠がひどかった時期はブロチゾラムを2錠飲んでいました。

薬脱却を目指して睡眠薬のみ断薬していた頃があり、そのときに余った上記のお薬をひどかった時期と同じように飲みましたが、それでも寝れないときが何日かあり悩んでおりました。

しかし今回処方されたお薬は2週間分毎晩1錠ずつです。

若干違和感を覚えましたが自分より賢いお医者様の判断なのでそれは置いておきます。笑

 

そのほかに飲んでいる欝のお薬は以下のとおりです。

  • スルピリド錠50mg
  • エチゾラム錠0.25mg
  • ミルナシプラン塩酸塩錠12.5mg

この3錠を朝昼晩1錠ずつ飲んでいます。

これは欝を発症してから1年以上ずっと飲み続けている相棒みたいなお薬です。

 

後、途中からことあるごとに吐き気を催すようになったのでドンペリドン錠10mgが半年前から追加されているような状況でこれも朝昼晩と1錠ずつ。

 

これだけのお薬を飲んでいたら不安ももちろん出てきます。

かれこれ欝のお薬は1年以上飲み続けておりますが、自分はいったいいつになったら断薬できるのかということ。

一度お試しでこれらすべてのお薬を丸一日飲まないようにしてみたことがあったのですが、お昼ごろから動悸がとにかく激しくなり夜は廃人の様な状態となって、さんざんな一日となりました・・・。

今調子がいいのもお薬あっての状態だと思います。

 

高校のときにはじめて欝にかかって、調子が戻ったら完治を言い渡されてないにも関らず病院通いを断った経緯があります。

それから高校を卒業してからちょっとするとまた精神不安定になって、調子がよくなるとまた病院通いをすぐに辞めるというのを幾度となく繰り返してきました。

だから今回はしっかり

完治

というお言葉が主治医の先生の口から出てくるまで薬もしっかり飲んで病院にもしっかり通う予定です。

 

ここ最近調子が落ち気味でまた不安が続きますが頑張らねば・・・。