そらまめ日誌

現実の流れに必死に食らいつく日々のブログ

墓参りに行ったら物忘れの多いおばあちゃんが暴走しだした

 

そらまめです。

 

昨日は天候も良く体の調子も良かったのでおばあちゃんを連れてお墓参りに行ってきました。

お供えする予定のお花が無かったため、まずは20〜30分かけて徒歩でスーパーへ。

長い時間をかけてきたものの供花が全く売っておらず、造花しか売ってませんでした。

仕方なく1本100円の造花を6本買って、また10分ほど歩いて次は山道。

 

お墓の場所がガチ山の中なので蜘蛛の巣にもかかるし枝に引っかかってコケかけるし、おばあちゃんも命からがら登っていました。

でも山で育った人なので結構器用に登っていたかな。

 

登ること10分かけてやっとお墓に到着。

まずはひいお婆ちゃんのお墓です。一緒にきているおばあちゃんの母に当たります。

夏にも来たのですが、半年も空いていたので結構落ち葉やら虫の死骸やらが落ちていてかなり汚れていてお掃除をしようとした途端・・・

 

おばあちゃんが豹変したようにものすごい勢いで、しかも素手で落ち葉を払い始めました。

寒さでやられて本気でおかしくなったのかと思った。笑

 

自分はお墓にお供えしているコップの水を入れ替え、お供え物のお菓子を供えてってし終わる頃にはお墓周辺もおばあちゃんの暴走で見事に綺麗になっており、割とスムーズに1箇所目のお墓参りは終了。

 

2箇所目のお墓はさらに山を15分ほど登るのですが、さらに道が険しくなっていきます。

お年寄りが登る山道ではないと言い切れるぐらいに。

道中、蜘蛛の巣を手で払ったりで手こずっているとおばあちゃんが急に先頭に立ち、蜘蛛の巣も関係なしで猛進。

暴走モードが長らく続いております。

 

暴走するおばあちゃんが滑り落ちないように後ろを必死についているとあっという間に到着。

人間必死になると長く感じる時間もあっという間に感じるものです。

2箇所目のお墓はおばあちゃんの親戚・・・だったと思います。

とにかくお世話になって可愛がってくれた人だとか。

 この場所からは青空も田舎町も見渡すことができ、なかなかの光景。

 

f:id:soraaamamekun:20180107170408j:image

 

この2箇所目のお墓でもおばあちゃんの素手掃除が功を奏し、ホウキなしであっという間にお墓周辺が綺麗になっていました。

もともと掃除の仕事を数年前までしていたおばあちゃんでしたが、ここまで機敏に仕事をするとは思っても見なかったです。

 

でもお墓参りが終わって下山する頃には覚醒モードも終焉を迎え息切れしていました。

お墓はお年寄りが覚醒するパワースポットなのかもしれませんね。笑

 

暴走もこのまま終わるかと思ったらこんなよくみる植物を発見。

 

f:id:soraaamamekun:20180107170342j:image

 

欲しくなったのか、急に手を伸ばすやいなや

オリャーーーーー!!!!

って叫んで引きちぎっていました。

植物くん・・・・・痛そう・・・・。

 

名前がわからないけど植物もおばあちゃんの暴走の被害者です。

 

そんなこんなで暴走のお墓参りを終えたわけですが、ブログ書いてる今はコタツで座りながら眠っています(^_^;)

 

運動をなかなかしないので久しぶりに動き回って疲れたのかもしれませんね。笑

 

自分は明日近畿に戻る予定なので、帰るまえにおばあちゃんの面白い一面を見れて良かったです。

あぁ疲れた疲れた。