そらまめ日誌

現実の流れに必死に食らいつく日々のブログ

6年前に開けたピアスホールが小さくなったので激痛を覚悟して初めて拡張器を試して見た。

 

そらまめです。

 

今回の記事はピアスについての記事を書いていこうと思います。

 

自分が初めてピアスをあけたのは19歳のとき。

アルバイト先の忘年会で憧れていた先輩が普段は目にしていなかっピアスを付けた姿で現れて、マネするように自分もピアスをあけようと決めました。

 

自分が選んだピアッサーのG(ゲージ)は14G。

 

G(ゲージ)とは?

ゲージとは簡単にも難しくもいえないのですが、ピアスの太さのことを言います。

一番細いのが20Gで一番太いのが00G。

00Gまできたら本当に空洞みたいなものです。向こう側の景色が見えるような。笑

自分の知る限りではピアッサーは14Gまでで、それ以上太くしようとするなら拡張器というこのようなものを使います。

f:id:soraaamamekun:20171228024010j:image

ちなみに拡張するときは穴を無理やり大きくするわけなので、もちろん痛みを伴います・・・。本当に痛いです。

 

 

 

学校に勤務することになってからはピアスを付けることは滅法少なくなり、気づいたら遊びに行くときも付けなくなっていてピアスホールの存在すらここ2~3年は忘れていたほどです。

あと当時付けていたピアスもどこかに紛失してしまいました。

 

数日前にたまたま「このピアスをつけてみて」と18Gのピアスを妹に渡されて、ピアスなんか久々やなぁなんて思いながら付けてみました。

すると通すにつれて地味~~~な痛みが。耳たぶに画鋲を当てられるような感じ。

一応ちゃんと通ったものの、耳のモヤモヤは払拭できずすぐに抜きました。

 

それから少し気になって、

まだ14Gのピアスは入るのかな・・・と思いやすい14Gのピアスを購入して、

 
いざ挿入。

18Gのピアスを入れたときのあの要領でゆっくり着実に入れ進めようとしたのですが、途中でブレーキがかかるように入り口から奥へと行かず、少々無理やり入れてみました。

しかし、

い、痛い!!!!

まぁまぁ長めの約10分の格闘でした。笑

そしてさきほど画像に載せた拡張器を900円ほどで購入し、

 

再度、いざ挿入。

うん、やっぱり途中で止まる。

でもこれは覚悟も済んでおる。

ここから激痛の始まりということだな。よしよし。

そしてかなりのスローペースで1ミリおしてみたのですがそれだけで

く〜!!!痛すぎる!!!

ここから一旦中途半端に拡張器が刺さったまま精神統一を開始。

そして開眼し、押し込むように勢いで一気に入れ込み成功したのですが、、

 

ほんっとうに痛かったです。

 

そして拡張器を外し、少し手こずったものの14Gのピアスも入りました!

 

ピアスのホールがたった数年でこんな小さくなるとは思っても見なかったです。

まぁホールは傷と一緒なので体の自然治癒力で元に戻ろうとするのですね。

 

これに気をつけて、これからはピアスをつける頻度も高めていこうと思います。

 

皆さんも拡張する際は気をつけてくださいね(^^)