そらまめ日誌

現実の流れに必死に食らいつく日々のブログ

クリスマス・【イブ】の本当の意味

 

そらまめです。

 

クリスマス・イブですね〜。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

今年のクリスマスは交際相手がいないため、独男として迎える非常に落涙を禁じ得ない形となってしまい非常に無念であります。笑

体調もそこまで快調でもないし。

 

そんな独り身として時間を結構持て余しているので今日は勉強に時間を費やすことにしました。いや、本当に虚しいけどデート楽しんでるリア充より少しでも知識豊富になってやりたい。なってやる。

 

そんな勉強中にふと思ったことがあります。

 

クリスマス・イブの【イブ】ってなんだ?

 

25歳になってやっとこの疑問に辿り着きました。

もっと幼い時期からこういうのに疑問を抱いて手っ取り早く調べて色んな人に聞かれたりしたらスラスラ解説したいものなのですが、いつも自分は後手・・・後手・・・・。

何事も先手を行く人が成功を手にするような感じもします。

 

まぁ恋愛も同じことなんでしょう。

 

恋愛とは・・・・まぁそんなのは今年は捨て去ったので、

迅速に「イブ」について調べて見た。

 

 

実はイブ「eve」って「evening[夕方、晩]」の古い言葉らしいんです。

要するにクリスマス・イブは「クリスマスの前日」とかいう意味ではなく、本当の正体は、

「クリスマスの夜」

 

で、ここで誰もが思うのが本当のクリスマスは25日でしょ?ってこと。

 

ネットってほんまに便利ですよね。

疑問を抱いたらすぐに答えが出てくる。

 

実は本当はクリスマスってね、

24日の日没から25日の日没を指すようなんです。

だから25日の晩に「クリスマスデート」と称してデートをしているカップルがいたらちょっと痛くなるわけです。雑学的にはですけど。

 

だからクリスマス・イブの夜こそが本当の正真正銘のGOODデートタイミングなんです。雑学的にはですけど。【2度目】

 

でもなんかわかる気がします。

25日の夜ってなんか色々ともう終わったような感じがしますもんね。

もう「あとは正月だけだ」みたいな心構えまでできちゃうし。

 

この勉強を終えたらクリスマスショッピングです。

今年は小学6年生の妹のサンタさん役なんで、なんらかのプレゼントを隠れて買いに行ってきます。

 

小学6年生・・・。

小学6年生って何が一体欲しいんでしょうね。

本なんかもらっても嬉しくないだろうし、人形は誕生日に巨大なクマのプーさんをプレゼントしたからもうNGですし。

服にしてもサイズがよくわからないし、気に入られなかったら着ませんもんね普通。

 

 

時間かけてショッピングモール徘徊してまいります。