そらまめ日誌

うつと戦いながら現実の流れに必死に食らいつく日々のブログ

普通の風邪かと思ったら重大な病気が潜んでいる可能性が・・・

 

そらまめです。

 

禁酒生活もいよいよ10日目を突入してまいりました。

体の調子は相変わらず絶好調とは言えないのですが。

 

10日目とはいえど、この半分以上は体調が悪く風邪のような症状がずっと続く日々でございました。

熱はないのに悪寒を感じたり熱っぽさを感じたり、普段以上に咳き込んだり黄色い鼻水や痰が出たりなど明らかに風邪を象徴するような症状が続いております。

 

まぁ僕もまだ25歳ではありますが、少なからず体の免疫が弱まりつつあるのかな。

 

風邪のような症状が全くおさまらなかったら、

ある重大な病気が潜んでいた!!!

 

とか・・・よくテレビやネットでの情報でもありますよね。

 

自分も経験としてはありました、そういうの。

と言うか頻度で言って見たらキリがないくらいあります。

 

 

とりあえずメジャーなのでインフルエンザ。

これはもうこの時期メジャーですよね。注意してくださいね。

自分は予防接種をしていない時期に限って毎回罹患していました。

 

中学生の夏の時期だったんですが、長期のお休み、まぁ夏休みです。

親のふるさとである熊本に帰省していました。

夏休みも終わりに差し掛かり、関西に帰る前日のお風呂で違和感を抱いて、いくら高温のシャワーを浴びても湯船の熱めの温水に浸かっても、

真夏やのになんか今晩は冷えるね〜

って一緒に入浴していた兄弟に話していて笑いあっていました。

 

そして関西に帰る当日のフェリーでもやっぱり謎の冷えが引き続いていて、くしゃみは出るわ喉痛いわで「完全に風邪引いたな」と確信した。

 

弟も僕と同じように風邪のような症状が出ていたのですが、

まぁただの風邪だろうと関西に帰って共に夏休み明けの学生生活を過ごしていました。

 

中学校ものすごく楽しかったから風邪なんてなんのその状態。笑

それが3日経っても4日経ってもおさまらず、むしろなんか悪化してない!?って感じ病院へ。

寒気を感じてから5日も経過して、インフルエンザの診断。しかも弟も。

 

「まさか予防接種したのに・・そんな馬鹿な。」

 

中学校生活を謳歌していた自分にとって、1週間の欠席は精神的にきつかったんですが初のインフルエンザがこんなに地獄だなんて思ってもみませんでした。

 

鼻水も涙も咳も止まらないし、一番まずいときは下痢と嘔吐のタイミングが同時期にきたとき。

あれほど人生の中で短時間で本気で優先順位を考えた瞬間はなかったと思います。

まずはどっちを出すか・・・と考えていても両方ともゲートを突破してきそうな勢いで迫ってきてましたから。

 

結果どうなったかはご想像にお任せします。笑

 

先ほども言った通り、わたくし予防接種をしたら逆にインフルエンザに罹るんです。

本当に原因がわからないんでどうすることもできず、もう高校を卒業して8年くらい予防接種を打っていないのですが、

インフルエンザには一度もかかっていません。( ・∇・)

 

打ったほうがいいのは分かっているけど、こればかりはよくわからん・・・。

 

 

他にも風邪かと思ったら肺炎だったり、

風邪かと思ったらアレルギーだったり、

風邪かと思ったらノロだったり。

 

このような病気にかからないためにはやっぱり普段から生活の流れを整えて栄養もしっかり睡眠もしっかり取らないといけないですね。

 

特に、インフルエンザ。

この時期大流行しているインフル病。

 

ここ最近体調崩している自分が言うのもなんですが、地獄を見る前に皆様も予防対策して健康に生きましょう。