そらまめ日誌

関西で生きる20代男子の日常。聞いたことや見たこと、タメになったことなどを綴っていきます。

人生初の高校受験は毎回やらかしていた

 

 

そらまめです。

 

はてなブログを始めてとうとう1ヶ月が経過しました。

いままではアメーバブログでブログを書いていて、このはてなブログでしっかりとした記事の投稿を続けてこれるか不安でありましたが、慣れてみるとものすごく使いやすくおかげさまで1ヶ月間ほぼ毎日ブログの更新をすることができています。

そんな今回の記事ははてなブログの今週のお題に基づいて「受験」について書いていきたいと思います。

 

今週のお題「受験」

f:id:soraaamamekun:20180120202132j:plain

 

 

自分の人生で一番最初の受験は高校受験でした。当時の自分は中学校でいじめられっ子で高校に行ったらもっといじめられるのではないだろうか・・・という不安がありましたし、「わざわざ高校にいってまで勉強したくない」と高校受験にはとても後ろ向きで中学を卒業したら働くつもりでいました。

しかし親からは「せめて高校ぐらいは出ておけ」と言われ、親に逆らうこともできない自分はしぶしぶ受験を受けることに。

 

当時は目標も何もなくやりたいこともまったくなかったのですが、中学の担任と母親との三者面談で進路についていろいろと話し、様々な学校を紹介され、ある学科が目に留まりました。

それも福祉学科。

 

いまも実際そうなのですが、自分はものすごくお爺ちゃんお婆ちゃんっ子。

だから福祉の学科に進んで将来はお爺ちゃんとお婆ちゃんの面倒を見たいなと思いその福祉学科のある学校に決めたのですが、その学校は私立学校だったのです。

その当時は兄弟もまだ幼くて家もそこまで裕福ではなく、「私立学校の学費はさすがに払って行ける余裕がないから、公立の学校を選べ」と父親に言われそこで介護の道は断念・・・。

しかし念のためということで公立高校の”滑り止め”としてその学校を受験することはできました。

公立高校に選択肢を絞って、改めて担任の先生と相談し結局は興味もクソない工業学校を受験することに。

 

私立高校の受験

人生初の受験は内心は本命でしたが福祉学科のある私立学校からで、午前の部に筆記試験があり、午後の部の面接が待ち受けていました。

筆記試験は2教科で国語と数学。それなりに徹夜で勉強したりもしていてそこそこの出来だったと思います。緊張もあまりしなかったかな。

しかしお昼ご飯を食べているあたりから面接の緊張感でお腹を下しました。笑

幸い親から腹痛の薬をもらっていたので何とか面接までには収まりましたがあれはなかなか焦ったなぁ・・・。

 

面接は面接官が2名学生が5名の合同面接。

もう10年くらい前のことなんで質問内容は忘れたのですが、

  • 中学校生活で特に頑張ってきたことは何か
  • なぜ福祉学科を選択したのか
  • 将来どのような仕事に尽きたいか

などを聞かれたような気がします。

同じ面接グループにたった1名だけものすごく面接慣れしている他校の女子学生がいたのですが、圧倒されました。

もうなんかアナウンサーみたいに落ち着きがあって発言も流れるようにスラスラだったので一瞬で負けたなと思いました。笑

筆記試験はまずまずで満足していたのですが、その女子学生のおかげで面接はボロボロ。帰宅時は滑り止めの高校とはいえ泣きそうになりました。

 

しかし数日後、休日のお昼ごろに外から郵便のバイクの音が聞こえその数分後に親から呼び出しを受けてその受験した私立高校から分厚い封筒が届いていることがわかり、自分で開封してみると”合格”の文字が。

舞い上がって両親も歓喜しておりましたが「私立は金払っていけれん。公立校が本命やから次やぞ」とのお言葉。

一瞬で現実に戻りました。笑

 

 

 

◆公立高校の受験

滑り止めの私立高校の合格が決定し、とりあえずは高校進学という進路が決定しました。

お次はあまり気が進まなかった公立の工業高校の受験。

この受験でも2教科の試験がありましたが、少し違うのが実技試験があるということです。実技試験の内容は一枚の画用紙で指示されたモノを作るというもの。

 

自分のときは確かサイコロを作ったと思うのですが・・・。記憶があいまいです。

 

私立高校の受験に続き筆記試験はなんなくクリアしました。

が、そのサイコロで大失敗をおかします。

定規とハサミを駆使して順調に作っていたのですが、組み立て終わってからあることに気づきます。

 

一面足りない!!!!!!!!!

時間も画用紙もなくそのまま終了の合図を聞きました・・・。

 

ここは私立学校の受験から帰路につくときの感情と同じように泣きそうになりながらか帰宅。

そしてモヤモヤ感をずっと感じながらやってきた合格発表の日。

実技試験で大失態をおかしましたが、ここも掲示板で自分の番号を見つけて合格

喜んでいたのは自分よりも親でした。自分が私立にいかなくて済んだので。笑

でもまぁこのときの晩御飯で食べた合格祝いの骨付き肉は格別だったなぁ。

 

 

 

と、まぁ受験したときのことを久々に振り返ってみましたが結果的に興味のない工業高校も物凄く楽しかったです。

担任の先生は3年間変わらず学年一恐ろしいといわれる先生でしたが情のあるいい先生に当たりましたし今となればかえって良かったと思ったり。

 

いま受験でがんばっている人も沢山いるかと思われますが、結果はどうであれ良い思い出になるかと思います。

進む先には沢山の出会いが待っていると思いますのでがんばってみてください。

 

 

”ほめちぎる教習所”に合宿してた頃を思い返してみる

 

そらまめです。

  

去年、自動車免許を取得するために三重県の自動車教習所に合宿をしました。

昨日ニュースでやっていたようなのですが、”褒めちぎる教習所”で名を広めている

三重南部自動車学校です。

 

YouTubeにはもっと前のですが動画がアップされていました。


ほめちぎる自動車学校

 

この学校の際立った印象は

  • 褒めてくれる先生と褒めてくれない先生で両極端
  • 受付の事務のお姉さんが綺麗な人ばかり
  •  キティちゃんの教習車(アクセラ)が欲しくなるくらい可愛い

といった感じです。

 

褒めてくれる先生と褒めてくれない先生が両極端

当たり前ではありますが、教官も同じ人間なので個性豊かです。全員が全員褒めてくれるというわけでもなく、厳しい教官は運転中でも結構愛のムチを放ってきます。笑

運転中の愛のムチはハンドリングに集中しているせいか全く頭に入って来ず、それで指摘されることもまぁまぁありました。

でも実際道路に出たら車は狂気で人の命を簡単に危めてしまうものなので、実際に免許を取得した自分が思い起こしてみれば厳しい先生が担当教官となってくれてよかったなと思います。でも、声を荒げられるというようなことは絶対に無いので、他の教習所と比べたら絶対に南部自動車学校の先生方は優しいです。

 

受付の事務のお姉さんが綺麗な人ばかり

これは合宿した初日から思いました。とにかく綺麗な人が多い、というか、綺麗な人ばかり。同じ合宿生の中でももっと仲良くなろうとナンパまがいの技法で試みている子がいましたが、ここは流石に慣れているのか綺麗に受け流されていましたね。笑

仮免や卒研などでもお世話になるのですが、笑顔も華やかで本当に顔採用的なのをしてるんじゃ無いかと疑ってしまうくらいでしたね。

惚れます。笑

 

キティちゃんの教習車(アクセラ)が欲しくなるくらい可愛い

メインの教習車がアクセラというだけでなかなかカッコ良くインパクトがあるのですが、それ以上に印象に残るのがこのキティちゃん。

 

f:id:soraaamamekun:20180119213847j:plain

 

女子ウケはものすごくいいですが男子からはノーコメントでした。笑

自分も最初は抵抗があったのですが、運転してるうちにキティちゃんに愛着が湧いて教習車が欲しくてたまらなくなるという始末・・・。

カッコいいと可愛いのバランスが絶妙で、実技教習前でも癒されてたりしました。

リラックス効果あります!

 

 

 

自分は合宿で嬉しいことに20人近くの人と仲良くなり、合宿生活もものすごく楽しかったわけですが、同じ合宿生の中でも

  • 仕事をやめて免許を取りに来た人
  • 女子大学生

が比較的多い印象を受けました。

 

類は友を呼ぶみたいな感じで、時期によっては事情が似通った人が集まるのかもしれません。

 

通常は休校日というものはなく合宿生は毎日のように学ぶの皆ようですが、自分の時は台風の影響で1日だけ休校日と化し、まぁその日はゆったりすることもできたのですが、合宿生は期間内に帰らないと延泊となってしまうため毎日のスケジュールがキツキツに凝縮されてしまい後半はものすごくきつかった印象を持ちました。

 

でも台風がさった後の虹はとにかく美しかったです。

 

f:id:soraaamamekun:20180119215227j:image

 

でも最終的には記憶に残るものすごいいい学校だったと思います。

自動車免許をとっていない方で合宿での免許取得を考えておられる方は三重南部自動車学校をぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

退職して介護に就こうと考えていることを親に話したら絶妙な顔をされた

 

そらまめです。

 

今日の体調はあまりよろしくないのですが、夕方になるにつれてまたマシになってきましたので、ブログを書いて行きます。

今日は、母親が休みだったので家におりました。

実は退職する件についてはまだ一切親に親に言っていない。

 

「近いうちに言わなければ・・・」とか思っていながら早くも10日以上が過ぎました。時の流れというものは実に早い。

 

お昼頃に体を布団から離して、ソファでスマホを操作している母親と対面。

 

そ「おはよー」

 

母「おはようてもう昼やで」

 

そ「なんか頭痛くてさぁ・・・」

 

そうです。

今日は起ききれなかった理由として、謎の脈打つごとに痛みが走る頭痛があって気持ち悪かったのです。

 

まぁそれもお昼になってからマシになったので置いていて。

 

そこでここら辺で仕事辞めること伝えておこうかなと思い、

 

そ「実は3月いっぱいで職場での契約が終わることになってん、んで介護の仕事つこうかなって考えてる。まだ考えてる段階やけど」(自分から辞めるけど話がややこしくなるから”契約切られる”って形で話とこ・・・)

 

母「嘘ぉ・・・」

 

と、ものっすごく絶妙な顔をしておりましたが・・・

 

母「まぁ今の勤務先給料少なかったからなぁ・・・これもいい機会やと思ってまた新しいところ見つけたらいいやん」

 

あえて責め立てない母親の優しさを痛感しながら、無事退職することは伝えることができました。

 

でも苦労するのはこれからだと思います。

昨日ブログで書き綴ったように農業か介護の道に進路を進めていこうと思っておりますが、どちらの進路に進むにしても知識が必須。

生半可な気持ちで稼いでいくことは絶対にできないと思っています。

 

気持ちは介護業務につくことに傾いているのですが、

介護に関しては資格を取るなら介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)というものや介護職員実務者研修(旧ホームヘルパー1級)といったものがあるようです。

ともにホームヘルパーという資格が廃止されて名称が変わった資格です。

 

 

◆介護職員初任者研修

初任者研修は介護の業務につく上で基本的な知識や技術を学ぶもので介護の入門的な資格である。

この研修の特徴は

  • 介護の入門的な資格であること
  • 修了試験が”ある”こと
  • 介護福祉士の受験資格ではないこと

 

◆介護職員実務者研修

実務者研修は初任者研修とは違い、専門的な知識や技術を目指すもので、ソラマメのように”介護福祉士の資格を取りたい”と考えている人には必要な資格です。

この研修の特徴は

  • 介護の専門的な資格であること
  • 修了試験が”ない”こと
  • 介護福祉士の受験資格であること

 

 

 

介護職に就く上では資格は必須というものでもないようでありますが、不安のままで仕事をするよりもしっかりとした知識を持って業務につくほうがいいですよね。

ちなみに初任者研修、実務者研修はともに無資格の状態から受けれる資格なようで初任者研修をとってからじゃないと実務者研修は受けれないというものではないようです。

 

調べてみれば双方ともに受けれる学校はいっぱいあります。

あちこちとパンフレットを請求していて、まだ届いておりませんが自分にあった条件のところが見つけれて、そして介護業務につく決心がついたら通い始めたいと思います。

 

学校に通うのであれば、アルバイト先も探さないとですね・・・。

退職してからが茨の道です・・・。

 

 

 

 

 

 

 

学校を退職してから介護の道に進むか、農業の道に進むかで本気で迷っている

 

そらまめです。

 

今日は近畿圏全体的に天気が悪いようで、住んでいるならもひたすら雨が降っているような感じがして気が重いです。

雨天のときは欝の状態が比較的に良いときに比べて少し落ちて寝たきりの状態になることが多いのですが、今日はなぜか早起きすることができました。

 

食欲はいつもと変わらず無かったため朝ごはんはいつもどーり抜いて、飼っている愛犬のマノアを触りに行ったのですが、目を離したらすぐに構ってくれとばかりに吠える吠える・・・。

なぜか昨晩から自分に対してだけすごく構ってもらおうとしてます。

 

f:id:soraaamamekun:20180117215053j:image

 

まだまだ生後6ヶ月程度で色々と吸収しやすい時期。

賢いワンちゃんになってもらうために家族はしつけを厳しくしているのですが、自分はどうしてもワンちゃんに対して甘くしてしまうため、悪い方向に賢くなって自分にだけ吠えているのかもしれません。笑

 

そしてお昼まで犬の相手をしてて疲れ果てました・・・。

疲れ果てて布団の上で横になっていたら勤務先から電話が来ました。

相変わらず勤務先からの電話となると何かあったのかと思ってドキドキして電話の応答に時間がかかります・・・。

電話の相手は上司で、一昨日、郵送で3月いっぱいで退職するという旨を記載した退職願を勤務先に送ったのですが、それに関する再郵送の件でした。

少し不備があったようです。

集中力まで欠落しているなぁ・・・。

 

反省して書類の準備をし、それからは勉強をしに家を出て市内の図書館に向かったのですが、雨天ということもあってなかなか人も多かった印象を受けました。

図書館の中は比較的に自分より年齢層が上な感じの人が多い。

なんらかの本を精読している人もいれば、何かを必死に書き写している人もいるし眠り人もいる。

自分はそのなか図書館に到着し勉強を進めていたのですが気づいたら居眠りしていました。もしなにかに分類されるのであれば自分は眠り人のカテゴリに入れられちゃいますね。

静寂な空間で一人で勉強していたら薬の影響もあるのかもしれませんがどうしても睡魔に襲われます。

 

ちなみに勉強している分野は英語と介護関連と、農業。

 

退職してからどういう職業に就こうかものすごく迷走しています今現在。

 

英語の学習に関してはまだまだ中学生レベルで、ずっと続けていこうと思っているのですが、とにかく迷っているのが介護と農業の2択。

いままではずっと農業をして独立して野菜を作りながら自分の考えている計画で販売していきたいなというように思っていたのですが、去年の年末に認知症を患うおばあちゃんの元に行って色々と相手をしていたら介護業務という仕事もあるんだなというように感じたんです。

 

今後おばあちゃんを支える上での知識も学びたいと思ったし、おばあちゃんは結構人見知りなので身内に介護してもらえるなら抵抗は少ないかなと考えたんです。

んーーーーーでも農業をする夢も捨てがたいし・・・・。

 

という感じで迷っているのです。

3月末までまだ時間はたくさんあるのですが、どちらかにしぼる必要があります。

25歳そらまめ。人生の分岐点。

ある意味大事な選択だと思うのでしっかり考えてその道に沿った資格を取ろうと思います。

心の偏りとしては介護寄りですが、とりあえず農業も介護も勉強は進めていきます。

 

 

最近で気になったジャイアンツのニュースについて

 

そらまめです。

 

今日は比較的に体調が良いので久しぶりに野球の記事を書いて行きたいと思います。

ジャイアンツの記事でここ数日で気になった物をあげていこうと思います。

 

 

 

Gの若き未完の大砲・岡本和真選手の交通事故

昨日ニュースになっておりましたが、実際に事故を起こしたのは13日の夕方のようです。岡本選手が車を運転している際に、交差点でバイクと出会い頭に衝突するというなかなか危険な事故。

岡本選手も球団の広報部も被害者の方へ向けてちゃんとコメントしておりましたが、村田修一選手がジャイアンツから抜けて背番号を受け継ぎ、心機一転で今期を迎えようとする中でのいきなりのことでしたからなんか不吉ではありますよね。

成績でいうと2015年と去年の成績はあまり変わっておらず1軍に適応したレベルになっているかも不安でありますが、プロ一号のレフトスタンドへの弾丸ライナーのようなホームランは将来性を感じる一発でありました。

 


岡本和真 1号ホームラン

 

僕も奈良の人間なので同郷の岡本選手の活躍は強く願っております。頑張れ。

 

 

 

マイコラスと入れ替わるように入団してきた新外国人投手とは

ジャイアンツに在籍していた3年間で31勝の勝ち星を挙げたマイルズ・マイコラス投手。この選手の離脱で先発陣へのダメージはかなり大きく感じます。気性はかなり荒々しく小林選手にも色々と当たっていましたが。コントロールも球威も安定性もありメジャーが欲しがるのも無理はないと感じる選手でありました。

そこで最近入ってきたニュースでマイコラス選手と入れ替わるようにして入団してきた今年の新外国人投手の”テイラー・ヤングマン投手”。

身長198cmの長身で体重は約95キロ、年齢は28歳ということでまだまだ若く体系的にも年齢的にもマイコラス投手と似ている選手というように思いました。

ルーキーイヤーである2015年からメジャーで9勝(8敗)防御率3.77という成績を上げ期待された投手であったようですが、翌年の2016年では6先発するも制球難に見舞われて0勝5敗という成績に終わりました。

去年の2017年はメジャー昇格が一度もないまま我がジャイアンツに移籍してきたということですが、長身から投げおろすストレートになかなかの魅力を感じます。

 


巨人が獲得と報じられたドラフト全体12位右腕タイラー・ヤングマン(Taylor Jungmann)のピッチング!!

 

マイコラス選手のように巨人に入団してから開花するようなタイプであれば非常に嬉しいですが、去年一年メジャーで投げていないという不安もそれなりにあります。

マシソン、カミネロ、ゲレーロ、マギーと外国人枠はなかなかハードだと思いますが、我がG党のファンを震撼させるようなプレーを期待しています。

 

 

体調不良が関係しているのか分からないが”緑色の便”が出た

 

そらまめです。

 

今回の記事は少し汚いお話となります。笑

 

ここ数日は倦怠感がすごく、まる丸一日寝たきりということもあって、体調が安定しておりません。

日内変動という感じで夕方になるにつれて体調もだんだんとマシにはなってくるのですが、なんとも言えない体の重みに頭を抱えています。

 

本題は昨日のお話。

昨日は重い体を無理にでも動かすように街へ出かけました。

向かった先は隣町まで出て郡山イオンへ。

 

大型ショッピングモールというのもあってやっぱり人が多かったです。

モール内の書店に入り鬱に関する本や介護に関する本などを読み漁っていました。

書店に入るとなぜか謎の便意を催す人が多いですよね。自分は尿意を催すタイプなのですが、生まれて初めて書店内で便意を催して急いでトイレへ。

トイレ内の個室は全て空いていて一番近い個室へ入りスマホで調べごとをしながら用を足し終わったのですが、排泄物を見ると、

 

 

ウンチが真緑色・・・・

 

 

トイレの個室で思わず「えっっ!!!!????」って声を上げてしまいました。

茶色であったり黄色であったりは分かるのですが何がどうなればこんな色素が作れるんだ・・・とか色々思ってまずは自分が前日に食べた食べ物を思い起こしても緑が関連するものは一切口にしていない。

 

ということは内蔵の中で何かが起こっているに違いない!!

 

急いでYahoo!のアプリを開いてiphoneの画面を高速タッピングして検索しました。

そこでわかったのが、

 

クロロフィルを多く含む緑色野菜を大量に食べたのがg・・・いや、食べてない。

 

 

再度検索するもサプリが原因だとかそういうのばかり。

トイレに長居するのも気が引けたのでまずは気になりつつも理解不能な緑のウンチとサヨナラして家に帰宅。

 

この時に出た便は下痢でもなく、平常運転の便です。

夜に家に帰ってからは軟便と化して緑の便が出たのでさらに気になり、再度検索。

 

そう言えば前日の晩にみぞおち辺りがやたらと痛かったことに気づくのですがこれは特に関係なかったみたいです。笑

 

再検索してわかったことが、葉緑素など多く含む物等を口にしていないのであれば考えられるのが、腸機能が暴飲暴食か刺激物の強いものの飲み食いかなんらかで低下しているとのこと。

 

小腸や大腸の働きが弱まり胆汁が大腸で再吸収されないことで酸化され、うんちが緑色になるみたいです。

 

思い当たりがあるっちゃあるのですが、まぁお酒でしょうね。笑

 

年末から正月にかけて焼酎ばっかり飲み散らかしていたので一気にガタがきたんだと思います。

体に倦怠感を覚えてから飲む量も減ったのですが、飲み過ぎはやっぱり注意ですね。

倦怠感を感じている今はなおさら・・・。

反省反省。

 

しかしなかなかインパクトが強かったです。

ガチャピンよりもキツめな緑色だったので。

 

次出る便は正常な色をしていることを願ってここで終わりにしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

全身に満ち溢れる倦怠感に敗北する

 

そらまめです。

 

昨日はブログの更新が丸一日できませんでした。

なぜかというとずっと寝込んでいたからです・・・。

 

目覚めたのはお昼時で目覚めたのですが、昼食を取る気力も湧かず、引き続き布団の上で横になって睡眠の世界に落ちたり目が覚めたりの繰り返しで気が付けば日も暮れていて、なんか無意味に感じる1日でありました。

ここ数日、体が非常に重たくてせっかく治りかけていた鬱に再び襲われるのかとビクビクしておりましたが予感も的中・・・。

薬を飲んでもあんまりいい方向には向かいません。

 

しかし今日は昨日よりは少しマシな感じがしています。

お昼頃に起きたのは昨日と変わりませんが、外に出てマクド(マクドナルド)へ行きブログを書けるようになるまでマシになりました。

相変わらず食欲は一向に沸きませんが、コーヒー飲みながら過ごしています。

 

マクドに辿り着くまでに気力を消費しきってしまいましたので、もう少し時間の経過を待って気力が回復したらまた体を動かしに書店やら電化製品店やら見にいこうと思います。

 

昨日は寝たきりの状態でありましたが、色んな夢を見ました・・・。

覚えいる限り書いていこうと思います。

 

大好きな”ゆず”の野外ライブで自分も共演する

皆さんもご存知かと思いますが有名アーティストの”ゆず”の野外ライブ(路上に舞台を設置したような簡単なライブ会場)に参戦し、最初は客席で見ている側だったのですが、進行がおかしなことになっていき自分が舞台の上に上がることに。笑

舞台裏で歌う曲を北川さんと岩沢さんと10分ほどの打ち合わせをし、再び表に出て歌わせていただきました。

夢の中ではありましたが、スポットライトと観客の声援を浴びながら歌うってものすごく気持ちよかった。

生まれ変わったら本気で歌手になりたいと思いましたね。

 

親が愛犬を売ろうとしだす

夢の中の自分も布団に寝転がっていて、襖の先に親の話し声が・・・。

父「相手と色々話し合って5万で売れることになったわ」

母「せっかく数ヶ月も世話したのに売るなんてあなたの考えがよくわからないわ・・・。」

父「5万やで。5万。5万あったら生活の立て直しができるって」

 

布団に寝転びながらでしたが心臓がドキドキ脈打ちながら、

そんなに生活に困っていたのか・・・。

って愛犬を売られることに合わしてショックを受けました。

結果夢から覚めて夢が夢であったことに安堵し、愛犬を抱きしめました。

 

妹の彼氏となぜか喧嘩をすることになる

場所は古い昔の銭湯のサウナの中。

妹の彼氏と自分は出身校が同じで実際は先輩後輩の仲で関係も良好なのです。どちらからふっかけたのかは分かりませんが、サウナから先に逃げた方が顔面を殴られるという変わった我慢大会をしていました。そして30分ほどで限界に達したのか、妹の彼氏がサウナから逃げ出し自分が妹の彼氏の顔面を殴ることに。

ところが妹の彼氏が、「ただ殴られるのならつまらない。リングの上で拳を交えましょう」と発言。自分は軽く承知。笑

理解できないのですが、銭湯の中にボクシングのリングがあり殴り合いを始めたのですが妹の彼氏にボコボコにやられて救急搬送されるという屈辱的であり、変わった夢でした。

 

 

睡眠薬を飲んでいるものの眠りが浅いのか頻繁に夢を見ます。

たまに目覚めてもこれも夢なのじゃないかとか勘違いしたりも・・・。

せっかく鬱の調子が良くなりつつあったのにまた悪化してて残念でなりません。

ただ今日の記事でここまで文字数打てたのはよかったかな。

 

また体の調子がいいときに記事を書きます。